『花博』構想から転換 愛知各地で花フェスタ開催へ

 まだまだ寒〜い日が続きますが、春のニュースが入ってきました!どうやら今後、愛知県各地で花フェスタが開催されるようですよ!



愛知県は全国一だが生産額が減少している花き産業支援をめぐって、2020年に「国際園芸博覧会」(花博)を開く構想を練っていましたが、財政負担と地元業界が多額の負担を求められていた為、花博構想をから一転して県内各地でイベントを実施することになりました。

『あいち花フェスタ』はそれぞれ地元地域が開く予定で2012年はラグーナ蒲郡の開業10周年、2013年は伊勢湾岸道豊田南-豊明間の開通10周年、14年度は中部国際空港(常滑市)開港10周年、さらに2015年には都市緑化を推進する「全国都市緑化フェア」の開催を目指し、誘致活動を始めるそうです。

各地ではサテライト会場も設置され、県民がこの花フェスタを通して地元産の花とふれあう機会をつくり、PRと売り上げ増を目指すようです。