100年前に作られ今は廃線になった愛岐トンネル一般公開に行ってきました!

毎年2回、GWと秋に行われるというこの愛岐トンネルの一般公開に沢山の人が集まって賑わっていを見せていましたよ!

100年前に作られたとは思えないこの愛岐トンネル、その真っ暗なトンネルの中に外の光が差し込み、濡れた壁がその光を反射していてとっても幻想的なのがとっても印象的でした!




愛岐トンネルとは、、、
愛岐トンネルは愛知県の春日井市と、岐阜県の多治見市の丁度中間、庄内川沿いの山間にある赤レンガで作られた14からなるトンネル群で約1900年に設置されました。1966年に複線化による新ルート(現:JR中央線)が建設されると8kmの軌線と13のトンネルが廃線となり、発見される2006年まで手つかずの状態でした。

発見当時は大量の薮と草木で1メートル進むのもままならない状態でしたが、後に保存伊委員会が発足され沢山の人々の協力を得て今では定光寺から古虎渓手前、3号トンネルから愛知の県境手前の6号トンネルまでの約2kmを人々が自由に歩けるよう整備されました。

当時のまま保存されているレンガ造りのトンネルと、周辺から時を越えて出土される数々の貴重な品々展示されていて訪れる人々を魅了しています。




JR中央本線、定光寺駅下車
こちらへは車でもこれるのですが直ぐに一杯になってしまうので、電車でお越し頂く事を推奨します。JR名古屋駅から中央本線(普通)に乗り『定光寺』で下車、庄内川沿いを上流へ向かいます。

愛岐トンネル
愛岐トンネル



愛岐トンネル
名古屋駅から30分でこの大自然!千種駅からはたったの20分弱!



愛岐トンネル入口




愛岐トンネル
上:廃線だけあって普通には入れないようになってた。


愛岐トンネル
愛岐トンネル
いかにも作業用という感じの結構急な階段、この上に受付がある。


愛岐トンネル
こちらで受付をすませて奥へ進む、今回は特別にガイドの方に付き添って頂ける事になりました。


ちなみにこの愛岐トンネル、現在はNPO法人の"愛岐トンネル群保存再生委員会"という団体が管理していて、会費を払えばその会員になることもできる。国から補助がでるわけでないのでほぼ100%こうした自治体の努力で保存が行われている。


そして現れました、


3号トンネル!(76m)

愛岐トンネル

愛岐トンネル
レンガでできた見事なトンネル!!壁に見える模様はなんと!煤(すす)!!
100年前のSL時代のこのトンネル、今も壁は煤で一杯でした。驚



愛岐トンネル
愛岐トンネル
まるでついこの間までSLが走っていたかの様な壁が当時の様子を想像させます。ヒャッ~


どんどん進んで行ってトンネル抜けると、、、


この下の写真の土砂止め用の柵はなんと廃レールを使用!!

愛岐トンネル
見事に作られているが廃レールを使用した土砂止め。

愛岐トンネル
歴史を感じさせる製造会社の刻印が、、、。



出土品の展示
この愛岐トンネル周辺には沢山の出土品があるそうです。線路がずれないように打つ犬杭だとか、お弁当用の急須(水筒)だとか、レンガにも刻印があるものがあるそうで、こういうものが歴史的資料としてとても重要で当時の事を知る良い機会になったそうです。


愛岐トンネル
愛岐トンネル


愛岐トンネル
愛岐トンネル


自然観察にもGOOD!
愛岐トンネル自体は山の中にあるのでこの地域独特の植物から絶滅危惧種まで本当に沢山の植物や生き物に出会う事ができました。廃線を整備した事によって様々な生物が憩える場所となり姿を現したそうです。(自然を整備した方が繁殖できる植物も多いらしい)



愛岐トンネル


愛岐トンネル
愛岐トンネル

愛岐トンネル


この後、絶滅危惧種の植物や列車が脱線した跡など、まだまだお伝えしたい事があるのですが、もうね、この感動はとてもじゃないけど写真と文章だけでは書き表せないのです。

なので、、、


この続きは是非ご自分の目で!
『百聞は一見にしかず。』是非ともご自分の目で見てお確かめください(笑)

この愛岐トンネルには本当に沢山の歴史や、自然が保存会の方の努力により残されており山間の中、本当にとても気持ちのよい場所でした!

ガイドについて頂いた保存委員会の方、その他の方々も本当にすばらし所をご紹介頂きありがとうございました!この愛岐トンネルが保存され、自然と歴史を残す公園としてこれからも伝えられることを心から願っております。


*今回の保存再生委員会の方のガイドは、一般向けには行っておりません。
ただし、委員会に入会したかたなどには特別に行う事もあるようです。*


次回の一般公開は秋ですのでお見逃し無く!秋になると紅葉で有名な香嵐渓にも負けずと劣らずの紅葉が見られるらしいですよ!


金環日食観察会:来たる5月21日(月)の早朝6〜8時の間に金環日食の観察会が行われます。この日も特別に公開し、333mもある第6号トンネルではトンネル内部に設置された垂れ幕に、外から鏡で太陽の光を反射させ写し出し金環日食観察会を行います。興味のある方はぜひ下記電話番号に連絡して下さい!


それでは See you next time this is brought to you by mapigation!



愛岐トンネル群保存再生委員会
電話:0568-87-6533


愛岐トンネル

愛岐トンネル
愛岐トンネル

愛岐トンネル
愛岐トンネル

愛岐トンネル