鬼がでたとさぁ〜!ってっええ〜!?『豊橋の鬼祭り』ってこんな祭りだったの〜?!

少し前の話になってしまいますが『豊橋の鬼祭り』行ってきましたヨ〜。



〜 初めての豊橋 〜
豊橋ってあまり行かない土地なのでどんな所か全く知らず。わたしはサーフィンが趣味なので豊橋さらに奥の伊良湖の方へはお出かけはするけど、豊橋で止まってなにかする機会はあんまりないんですよね。知っていると言えば、車の部品メーカーが多いとか?(未確認情報、、、汗)路面電車が走っているとか??


というわけで、今回は友人のお誘いだったので12時頃に名古屋市内の家に迎えにきてもらい、国道23号線をひたすら東へ向かいました。国道1号線でも豊橋へは行けるんだけども、この国道23号線は蒲郡までずーっと高架で信号も無く、ひたすら見渡しの良い道路なので(しかも無料!)密かに自分たちの中では密かなブーム。


toyohashi-onimatsuri_map.jpg
今回使ったルート、1号線よりも海側を通ります!



で、そんなこんなで『23号線サイコ〜』とか言ってたら午後1時過ぎには到着〜。豊橋市は名古屋から車で約1時間ちょい。楽しいからあっという間。



『鬼祭り』の会場周辺はそれなりに混雑します。しかもコインPが少ないです!
今回の目的である『鬼祭り』が行われる安久美神戸(あくみかんべ)神明社は豊橋駅から徒歩15分くらいの所、地方都市の土日とはいえ、やはり当日は混雑していて近くの大きな公園の駐車場は既に満車状態!そのうえ周りに駐車上が少ないときてます。


ベストは豊橋駅周辺のコインPに停めて路面電車を利用。
路上駐車してしまえと思いがちですが、駐禁チケット取られるより素直にコインPに止めた方が懸命です!豊橋駅周辺にはコインPが沢山あります。しかもお祭り会場はちょうど豊橋駅から路面電車で行ける所なので是非このローカル色満載の路面電車に乗ることをお勧めします!お子さんも大喜びですよ!

運賃は一律でたったの150円!当日は駅の係の人が案内してくれるので乗り過ごすこともありませんのでご安心ください。


toyohashi-onimatsuri_romendensha.jpg
路面電車にお子さんも大興奮間違い無し!




駅から神社はすぐそこなんですが、屋台が甘い誘惑を、、、がそこは振り切って神社に向かいます。(これがまたホントに沢山の屋台があってまたお祭りらしいこと!素敵です〜!)



天狗さんと赤鬼さん登場!
着いたとたん休む暇なく、目の前で仕切られてしまいました。しかも天狗さん登場〜!ここから赤鬼と天狗の攻防が始まります。


が、、、


結構ゆる〜い感じ。



やっとこさユルユルな攻防も終わり、天狗さんが赤鬼さんを退治してくれました!



ここからが、、、
そして鬼を退治してくれた天狗さんを讃える為に、子供達と共に社前の舞台に向かいます。


しかし!


その時!赤鬼さんが懲りずに戻ってきました!!しかし天狗さんがまた追い払います!

赤鬼さんはせっせと退散!『わぁ〜』と歓声が、

そしていきなり!!



この後は動画でご覧になって下さいネ!!