名古屋市営地下鉄、東山線にバリアフリーの新型車輛投入!

愛知県、名古屋市営地下鉄は7月2日に新型車輛、N1105形を投入しました!

ベース車輛は2007年に投入となったN1000形で日本車輌製造の豊川製作所で製作されました。見た目はこそ殆ど変わりませんが、ホームと車内の床との段差が5cmとなり、バリアフリーを実現していたり、LCD 液晶ディスプレイ(通称ハッチーディスプレイ)が設置されています。

ちなみに、液晶ディスプレイで有名なのは音声無しの広告が流れる山手線だと思いますが、初めて液晶ディスプレイが搭載されたのは2006年に投入されたE231形!!と、言うことは、名古屋は6年遅れの搭載!!ま、コチラは市営地下鉄ですから早い方かもしれませんね!


(写真提供:名古屋市交通局)

東山線 新型車輛 N1105
『N1105形』車内の様子、奥にLCDディスプレイが見えますね!

東山線 新型車輛 N1105
『N1105形』車内の様子、バリアフリー!



そしてこちらは東山線車庫がある藤が丘周辺で輸送される『N1105形』

 

うわぁ〜鉄ちゃんじゃないけどこういうのカッコいい、、、。


今後ちなみにこのバリアフリー化した車輛は順に旧車輛と交代して投入されて行くそうです!

また新しい時代の扉が開かれましたね!しかもバリアフリー(笑)


それではまた!See you next time~ This is brought to you by Mapigation!


バイバイ〜